午前4時。

山小屋の朝は早い。出発の支度を始める人々の物音で目を覚ます。

昨晩は雲ひとつ無い満点の星空。

美しいご来光が望めそうだ。

小屋の東側の稜線にあるヘリポートに向かった。

IMG_3222

稜線の風は冷たい。

フリースにダウンジャケット、更にカッパを着込んでも

シャッターチャンスを狙う右手が悴んでしまうほど。

東の空がだいぶ明るくなってきた。



4:38AM
IMG_3222


空は明るくなるのに中々朝日が顔を出さない。

周りにいる人達が、寒い中今か今かと待ちわびている。



白馬方面も雲ひとつない快晴。 稜線がくっきりと見える。
IMG_3229








5:02AM  あっ!来た!
IMG_3243



IMG_3245



5:04AM   おはよう、お日様。 今日も一日よろしくです。
IMG_3250



日が昇ると、東を向いていた人々が一斉に180度身を翻し、今度は西を望む。

山屋はみんな知っている。

こんな日は背中に聳える山々が焼けることを。




勇壮な姿の剱岳が焼けてきた。
IMG_3261



そして唐松岳も焼けている。 山頂でご来光を望む人たちも見える。
IMG_3264



朝食まで少し時間があるので、

バーナーでお湯を沸かしてモーニングコーヒータイム(´▽`*)♪

朝食を済ませたら、唐松岳山頂までお散歩開始。

IMG_3271
 

秋めいてきた稜線にわずかにコマクサがまだ咲いていた。 高山植物の女王様。
IMG_3292コマクサ




こちらは秋を告げるお花。イワギキョウ。
IMG_3273



振り返ると唐松岳山荘が一望。山頂までの稜線も見える。
IMG_3276


20分程度で唐松岳山頂に到着。2,696m。
IMG_3277
 


剱から立山、更に裏銀座まで丸見えの眺望!(*´д`*)
IMG_3295



どっしりと貫禄のある五竜もすぐそばに。
IMG_3275


 そして、五竜の肩越しには・・・・・・・・
IMG_3280
 
槍っ!!!!(*゚∀゚)=3 

とんがり屋根見えたー!

穂高もちょろっとw


槍ヶ岳、待ってろよー。あと数日・・・w( ̄ー ̄)グフッ





それにしても剱岳、人を寄せ付けない厳しい面持ち、惚れます。

でも、少々お待ちくださいね。 そう遠く無い内にお邪魔しますからw
IMG_3287

  
そんな事を心の中でブツブツを呟きながら、

結構な時間ボケーっとただ山頂に座っていた。

だって、後はひたすら下るだけ。

まだまだここに居たい。

できれば下界に下りたくない。

ずーっと雲の上に居たい。

そんな思いが後ろ髪をひっぱり、足が動かないのである。 



ギリギリまで山頂で過ごし、小屋へ戻る。

青い空を背負ったピンク色の女王様たちが風に揺れている。
IMG_3293コマクサの群生




 さてさて、そろそろ別れを告げ暑い暑い下界へ降りますかね。。。



抜けるような青空に聳える唐松岳。さようなら。美しい風景をありがとう。
IMG_3297
 

さようなら唐松岳山荘。おいしい生ビールとご飯と暖かい空間をありがとう。
IMG_3296
 


今日も快晴だ(*´∀`)♪ 

サクサク下ったらもったいない。この景色を、時間を惜しむようにのんびり下ろう。


まさに雲上散歩。 雲を下に眺め、のんびり行こう。
IMG_3299

 
チアキちゃん、2日目にして安定感が出てきた。鎖場も安心して通過。 

右に切れ落ちてる感じが写真だと凄いね。。。

滑落したら止まらないな。。。(;´∀`)
IMG_3302
 


五竜岳がこちらを見守っているようだね。
 IMG_3304


本日もお花畑を通過。 

斜面に咲き誇る沢山のお花と、青い空が本当に気持ち良い。
IMG_3306
 

2日目で余裕の出てきたチアキちゃん。

帰りはお花を堪能しながらの下山。

せっかく夏山に来たんだから、沢山のお花も見て帰ろう。



2日目も快晴で気持ちよいので、再び丸山ケルンで大休止。

だって、下界に下りたくないんだもん。(;´・ω・) 

だって、八方池は観光客でいっぱいなんだもん。(;´・ω・) 
IMG_3312


ガッツリ腰をおろし、スイーツタイム開始。
IMG_3314
 
お湯を沸かし、コーヒーを入れ、チアキちゃんが用意してくれた

クラブハリエのバームクーヘンで一服。(写真撮り忘れた_| ̄|○ )

このバームクーヘンがチアキちゃんのバースデーケーキ代わりといったところ。

あ、でも本人に用意させてるって酷いな。。。w 




相変わらず下山したくない故、超ーのんびりコーヒータイムを過ごし、

重~い腰をやっと上げ 再び下界を目指す。



現実逃避に走り、この日もオヂサン(レナ)はお花の撮影に勤しみますw

ミヤマキンポゲかな?
IMG_3318ミヤマキンポウゲ?


アカバナシモツケソウ
IMG_3320アカバナシモツケソウ

 
気の早いナナカマドがもう紅葉してる。(´▽`*)アハハ 
IMG_3322ナナカマド
 

タムラソウ
IMG_3323タムラソウ?
 

カライトソウ
IMG_3325カライトソウ
 

キンコウカ?
IMG_3326キンコウカ?
 

ミヤマコゴメグサ
IMG_3327ミヤマコゴメグサ?
 

タカネマツムシソウ
IMG_3335タカネマツムシソウ


タカネマツムシソウも沢山群生。かわいらしい。
IMG_3342タカネマツウシソウの群生



斜面をニッコウキスゲや色々なお花が彩る
IMG_3332
 




そして、とうとう八方池が見えてきちゃった。。。
IMG_3331



 この日も観光客でごった返す八方池。

1日目は寄らずにスルーしたので2日目はちょっとだけ池の周りを散策。
IMG_3341
 
でも、やっぱりこのアングルは絵になるねー。



あとは怒涛の下山開始!

八方池から八方池山荘までの木道は、子供や年配者で埋め尽くされている。

この列に埋没したら何時間かかるか分らない。

下山後温泉に行く予定もあるので、強行突破で一気に下る。




2日目にして凄まじいスキルアップを果たしたチアキちゃん。


「チアキちゃん、まだ歩けそう?」

「うんっ大丈夫(`・ω・´)」

「そうだと思ったw 今日、足取り軽いしペース速いもんね。ちょっと飛ばすよ!」

「うんっ( `・ω・´)ゝ”」


途中、あっちこっちで渋滞するものの、軽いランニングくらいのペースで

登りと下りの木道を右へ左へと渡り、行列をどんどん交わしてゆく。


「レナー、さっき歩いてた観光客が“山ガールすげーな”って言ってたよw」

「( ̄ー ̄)フフフ、山ガールを見くびってもらっちゃ困るぜwww」


(レナは山ガールの皮を被ったオッサンですけどw)



そしてCTを20分も巻いて兎平に到着!

下界は暑い!そして怒涛の下山で汗だく。

つー訳で・・・・・


やっぱりコレでしょw
IMG_3354

かんぱーいっ(*´∀`)♪

いやーぁ、キンキンに冷えた生ビール最高ーーーーっ!(´ρ`)

  

あとはゴンドラに揺られて白馬の町へ下るのみ。

のんびりと下るゴンドラの中で、歩いてきた稜線を想う。

ついさっきまでいた雲の上の光景。

あっという間の2日間だった。

楽しい事はすぐ終わってしまう。

 


さて残るは最後のイベント。

温泉で2日間の汚れを落とし、疲れを癒そう。

目指すは白馬方温泉のひとつ『みみずくの湯』

今年、リニューアル工事を済ませ、生まれ変わったそうなのでちょびっと期待。

白馬バスターミナルから無料で巡回しているマイクロバスが利用できる。
IMG_3360


露天にも洗い場が出来ていたり、天井や壁が張り替えてあったり、

カランも新品に交換されていたり、

入浴割引券を使用し400円の入浴料はCP良すぎです。
 IMG_3358


もちろん、ひとっ風呂浴びたら・・・・・・・( ̄ー ̄)ムフ
IMG_3355

チアキちゃんが生ビールを頼んでおいてくれましたwww






すばらしい快晴に恵まれ、美しい景色に囲まれ、

友達と二人でビールを飲み、温泉に入り・・・・・

至極の2日間は終了。




来年の誕生日山行はどこに行こうかね?






*もしお楽しみ頂けましたらポチっとな。。。

登山・キャンプ ブログランキングへ