IMG_4594

午前4時半起床

オジサンの地響きみたいなイビキとか

おばさんの豚鼻みたいなイビキとか・・・

やっぱり大部屋はゆっくり寝れない(;´Д`)



 
寝静まった2階の寝床から荷物一式を抱え

1階のストーブのある居間へ移動


ストーブの前でコーヒーを沸かす


久々のぎゅうぎゅう詰めの布団で隣の人を避けるように

左ばっかり向いて寝てたんで、顔の左側がえらい浮腫じゃったよ・・・)´Д`;)



コーヒー片手に一服がてら小屋の外に出る

昨日から雪が降り続き、さらにガスって真っ白けっけ_| ̄|○ 
IMG_4548




南岸低気圧が接近し、関東平野部でも雪が積もる予報のこの日

微妙な積雪で危険度が増し、ちょっとイヤーな感じになってきた
0302天気図



5時半 朝食
IMAG0884

おかずは、梅干、漬物2切れ、煮鰯?、生卵、海苔

いやー、なんかいーよね Simple is best

久々に食べた卵かけごはん、旨かった




腹ごしらえを済ませ、7時出発
IMG_4549


小屋が満員になるほどのハイカーが一斉に天狗岳を目指す

長い隊列の最後尾

行く手は白く煙るばかり・・・



それでも樹林帯に入ると白く輝く霧氷の美しさ
IMG_4551




300mも行けばあっという間に中山峠 標高2410m
IMG_4556



さて、ここからどこまで進めるか

条件は悪い 雪崩の危険性が高いからだ

天狗岳へのトレースが直登ルートなら○トラバースなら×

それ以前に昨晩からの積雪でトレースがどれくらい残っているか

あらゆる条件を加味しつつ行ける所まで行ってみる



森林限界が近い

木々は凍り、海老のしっぽが育ってる
IMG_4560

 


五里霧中、自分が今どこを歩いているかさっぱり分らない
IMG_4562
 



岩も標識も見るもの全てが凍てついている

遠目で見る岩は体毛を纏った動物のよう
IMG_4566
 




最後の樹林帯の間を抜ける
IMG_4572




木々の丈はもう自分の身長ほどしかない
IMG_4570




いよいよ稜線に出る最初の急登
IMG_4573





岩にびっしり育つ海老のしっぽ
IMG_4579




自然って凄い 寒さと風と水滴だけで創造される芸術作品

美しさに息を呑む
IMG_4577





これを超えるといよいよ東天狗岳直下
IMG_4582




大きな岩を巻く

足元は肩幅ほどしか無く、右側は切れ落ちているけど

視界不良の為、高度感は全くない
IMG_4583





山頂直下の核心部、最後の急登
IMG_4586

下から見てると大した事ないんだけど、これが結構な斜度で

降り続く雪が積もり、まったくもってアイゼンがきかないので

前の方は悪戦苦闘中



上を見上げると、前の人のお尻が目の前だから45度くらいはあるか?
IMG_4592





行ける所まで・・・と言いながらも無事ピークハント

東天狗岳2640m
IMG_4594




相棒のMoteRosaのその先には・・・・・何も見えません_| ̄|○
IMG_4597



なので、さっさと下山です。。。



抜けるような青空は拝めかったが

なんだか、それはそれで良いような気がした

何も見えない真っ白な中に浮かぶ霧氷も悪くない
IMG_4600




ふかふかの新雪を歩くのも大好きだ
IMG_4602




黒百合ヒュッテに戻り、女子に大人気の可愛らしいオリジナルてぬぐいを購入
IMG_4604




再び寝静まったシラビソの森を渋の湯目指して歩き出す
IMG_4609





降ったばかりの雪はアイゼンに団子になってくっつくから歩きにくいけど

やっぱりふかふか最高♪(*´ω`*)
IMG_4611




川から微かに硫黄の香りがしてきたら終点まじか
IMG_4615




橋を渡れば渋の湯到着
IMG_4618




すっかり雪深くなって、昨日登って来た時とは景色が一変
IMG_4620

無事、天狗の頂を踏んで下山完了





ではでは、御褒美の温泉に参りますぞ~!

なんと趣のある佇まい!(*゚∀゚)=3 かなりテンション上がる
IMG_4627




その威厳ある入り口から名湯感がバシバシ伝わってくるwIMG_4636



開湯は奈良時代!?由緒正しい温泉
IMG_4632



お風呂は2つ

洗い場のある近代的な内湯と
IMG_4630




少し離れた所にある『信玄の薬湯』
IMG_4631

このお湯が最高に良かった!

白濁したお湯はちょっと熱めで疲れが取れる

窓から見える景色といい、板張りのお風呂といい、素晴らしいったらありゃしない



親切なご主人が湯上りに野沢菜を出して下さったのだが

これがまた旨いのなんのって
IMG_4638

野沢菜だけでビール2缶あっさり平らげてしまったw



IMG_4634
 


しこたま温泉で温まって、ビール飲んでくつろいで・・・(*´ω`*) たまらん



辰野館前にあるバス停も風情がある
 IMG_4639



バス停の先も霧で真っ白
IMG_4640








茅野駅でいつも立ち寄るお惣菜やでから揚げを仕入れ

温泉でさんざんビール飲んだにも関わらず、更にビールを買い足して

のんびり車窓を眺めつつ、何だかんだで楽しかった山行の余韻に浸る帰り道
IMG_4646




来週あたり、また来ようかなー   ( ̄ー ̄)ニヤリ








*もしお楽しみ頂けましたらポチっとな。。。


登山・キャンプ ブログランキングへ