30度を超える日もチラホラ出てきて

すっかり初夏の陽気だと言うのに

雪山への思いが断ち切れず

未だにアイゼンと冬靴が仕舞えないでいた。



そんな 矢先、去年槍登頂を共にした仲間から

両神山へ行かないかとお誘いが来た。

夏にジャンダルムへ行く計画があるのだが、

それに向けたプチ特訓らしい。


 IMG_5306




聞けば、八丁峠から西岳~東岳~両神山~日向大谷への

鎖場ワンサカの楽しそうな縦走ルートを行くという。

奥秩父は自宅から遠く、なかなか足が向かない山域と言う事もあり

またと無いチャンス!と、ご一緒させて頂いた。



乗客のいないガラガラの特急に乗り

ちょっとした旅気分を満喫しつつ三峰口へ。

IMG_5219


三峰口で仲間と合流後、手配していたタクシーに乗り込み

八丁トンネル登山口へ。
 
岩を間を行くような険しい道のりで、

よくこんな所を車が通れるもんだとびっくり。Σ(゚Д゚;



約1時間程で八丁トンネル登山口へ到着。

IMG_5220

綺麗なバイオトイレも完備された登山口。

登山届をポストに投函したら出発。


のっけから結構な急登で早々に鎖場も登場。

約2ヶ月振りの山行で訛りきった身体が動かない。(;´Д`)

IMG_5223




40分程で八丁峠に到着。
IMG_5225

上落合橋からのルートと合流し、いよいよ両神山へ向けて行く。
IMG_5230

  



 地味~な短めの鎖場がちょこちょこ出没し始めるが、

さほど難しくないので鎖を使う事も無く、難なくクリア。
IMG_5245
 


樹林帯の隙間から時折見える秩父の山々。

この日は梅雨の晴れ間だったので、本当に気持ち良い。
IMG_5246
 


再び地味目な鎖場をよじ登る。
IMG_5249
 

どうやら展望が開けた模様。N氏から「ひゃっほー!」歓声が上がる。
IMG_5252
 



おおお! この眺め、最高じゃないか!

雪山、雪山って後ろ髪ばっかり惹かれてたけど、すっかり夏山だねぇ。。。
IMG_5253



ヘルメット、ハーネス装備のお方もいらっしゃいました。

我々は至って軽装なんですけどね。。。
IMG_5254



せっかく登ったと言うのに、すぐ高度を下げます。

60度くらいの斜度をもったいないくらいに下ります。。。_| ̄|○ 
IMG_5257



そして再び登り返し。先頭を行くN氏が取り付いております。
IMG_5266


下ったり登ったりの繰り返し。

天然のアスレッチクといった感じで、

よじ登るのが楽しくて、しょうがなくなってきたw
IMG_5268



樹林帯の中にも至る所に鎖場が登場。 ガシガシ登って登りまくるっ!
IMG_5276



登り切ったところで西岳到着~。(*´∀`)
IMG_5281


山頂は5,6人でいっぱいになる程狭いので、あっさりスルーして東岳へ。
IMG_5280



ここからの眺めも最高。 この景色が一服の清涼剤。
IMG_5284



アップダウンの激しいルート。登ったら下ります。お約束。。。(;´∀`)
IMG_5288



下りきると、前方に東岳の全容が・・・。 絶壁の如く立ちはだかっておりますよ。

アレをまた登るんですな。。。(;´∀`)
IMG_5289



ほぼ垂直じゃないかと思うほどの岩場を鎖に頼らず、

自身の足と手のみでClimb On!

岩場慣れしているN氏はサクサク登って行く。
IMG_5297


絶壁を登ったら、こんな所をトラバース。 楽しい!
IMG_5301



そろそろ、東岳頂上間近。青空に向かってまだまだ登るぞ。
IMG_5306



登り切ったらところで、秩父一望。(*´∀`)
IMG_5309


東岳の山頂に到着。 ベンチがあったので小休止&エネルギーチャージ。
IMG_5312



両神山まで残り1.0km。 登ったので再び下り樹林帯へ。

やわらかい若草色が気持ち良い中をハイキング。
IMG_5316
 

道のど真ん中を塞ぐ自然の芸術作品。 どうしたらこんな形になるんだ?
IMG_5327
 




森の中を歩くこと小一時間程で両神山山頂に到着!

頭だけが新しくすげ変わった(笑)お地蔵さんが出迎えてくれます。
IMG_5331
 

百名山三角点GET!(といっても特段百名山巡りはしてませんけどね・・・) 
IMG_5333


狭い山頂には20人程いて込み合っているおり、

皆さんそれぞれランチを楽しんでおられる。

ここで、東岳で会話を交わしたおじさんから、

W杯コートジボワールVS日本戦にて日本が破れたとの情報が!

山頂にいた皆さんから

「えーーーーーーーーーーっ!(;´Д`)」と悲鳴があがるwww



さて、しばし休憩したら下山開始。

再び岩場をぐんぐん高度を下げて行く。
IMG_5339


前方に広がる奥秩父の山並みが本当に綺麗で嬉しくなる。
 IMG_5341


気持ち良い木漏れ日タイム(*´∀`)♪ 
IMG_5343


新緑と青空が最高だね~。
IMG_5348


途中にある両神神社で山行の無事を祈ってみた。
IMG_5356

IMG_5360


「そりゃアナタ、お賽銭くれないと叶えられんよ?」とでも言ってるのか?

なんだかシンプルな造形でひょうきんな顔の狛犬w
IMG_5358

小さな祠の脇にそびえるのは御神木?
IMG_5361


両神山は古くから信仰のある山なので、

あちらこちらに祠やお地蔵さんがこれでもかっ!てくらいあります。
IMG_5367




新緑のブナの森を下る。 森が一層深くなってきた。
IMG_5373



清滝小屋到着。

立派な避難小屋。屋根のある炊事場とトイレがあり

テントも10張程度幕営できる。
IMG_5378


中はこんな感じ。 2階建てで、1階はござが敷かれガラーンとした空間。

そこそこ綺麗だし、いつか泊まってみるのも良いかもね。
IMG_5381



清滝小屋からは沢沿いのルートを下る。

弘法乃井戸の湧き水。冷たくて美味しい。
IMG_5383



沢を渡渉する事8回。 

途中汗だくの顔を沢の水で洗って超気持ち良かったのだが、

本当は沢にドボンと浸かりたいくらいだった。Σ(・ε・;) 
IMG_5392



ゴール地点日向大谷にある両神山荘に到着。

田舎のおばあちゃん家みたいな懐かしい感じが漂う民宿。 
IMG_5400
 

暑さでダレきったの可愛いワンコが2匹、出迎えてくれますw
IMG_5401


もう、東岳あたりからずーーーーっと心の中で叫び続けていた

黄金色の泡の出る飲み物にやっとあり付けた!(´ρ`)
IMG_5402


なんと両神山荘の女将さんが「汗をかいて疲れた身体にちょうど良いよ」と、

ちょっと濃い目の味付けのきゃらぶきを差し入れてくれた。

これがまた旨い~!ビールが進むっ!

「旨いっ旨いっ」と4人で食べていたら、更に差し入れの追加が!
IMG_5405
 
刺身こんにゃくを柚子味噌で合えた一品。

これがまた旨いー! 柚子のさわやかな風味をちょっと甘めの味噌が

つるんつるんのこんにゃくに絡まり最高!日本酒が欲しい~www


と、ここでTime Up! バスの時間です。

1時間程バスに揺られ三峰口へ。


特急の時間まで、なんと45分も待つ羽目になってしまったので、

三峰口の仲見世通りで再びビールタイム開始!
IMG_5410



 外はとっぷり暮れ始め、綺麗な夕焼け。
IMG_5414
 


仲間と別れ、帰りもガラガラの特急で〆のビールと持参した肴をお供に

旅情に浸りつつ都会に帰る。
IMG_5417

 

久し振りの山行、久し振りに会う仲間。

岩場たっぷりで変化にとんだルートがとっても楽しかった1日。






*もしお楽しみ頂けましたらポチっとな。。。


登山・キャンプ ブログランキングへ